部門紹介とキャリアパス
部門紹介とキャリアパス

部門紹介とキャリアパス
部門紹介とキャリアパス

TOP > 部門紹介とキャリアパス

選べる。見つかる。

社会経験の浅い人はトレーニングから、実務経験のある方は技術職からなど、
すべての女性が活躍できて、多用な働き方に柔軟に対応できるのが、
私たちヴィーナス・ブラストの特徴です。

何がしたいか分からない・・・。未経験だけど大丈夫?という人も安心してください。

皆さんの長所を一緒に探して、伸ばしながら、あなたにピッタリの職種を見つけていきましょう。

  • トレーニー部

    一般事務、ヘルプデスク、コールセンター、SEサポートなどオフィスワークで活躍するトレーニーが所属する部門です。新卒採用の方、経験の浅い中途採用の方は、ここで約6ヵ月の教育期間を経て技術・マナーを学びます。

    トレーニー部の詳細 トレーニー部の詳細
  • システムクラーク部

    業務効率化の提案やツール開発など、IT技術の専門知識でお客様の業務改善を支援するコンサルタントが所属する部門です。仕事のやりがいや、将来のためにスキルアップすることを重視している方に向いています。

    システムクラーク部の詳細 システムクラーク部の詳細
  • システム部

    テクニカルなスキルを保持した人が所属する部門です。(1)プログラム言語を駆使してソフトウェア開発を行う「システム開発グループ」、(2)第三者品質保証を行う「品質保証グループ」、(3)インフラの提案・上流設計から構築・運用を行う「ITソリューショングループ」の3つのグループに分かれてお客様の要望を実現します。

    システム部の詳細 システム部の詳細
  • Webコンテンツ部

    お客様のWebマーケティングに対する課題を解決する専門スキルをもった人が所属する部門です。サイト制作やアクセス解析を行い、お客様とエンドユーザーの利益をつなげる戦略を立案して、実行します。

    Webコンテンツ部の詳細 Webコンテンツ部の詳細
  • バイリンガル部

    システムクラーク部の能力にプラスして、英語力のある人が所属する部門です。目安としてTOEIC730+の方であれば、トレーニー部を卒業後、こちらへの配属となります。

    バイリンガル部の詳細 バイリンガル部の詳細
  • クラーク部

    お客様の業務改善を支援するコンサルタントが所属する部門です。事務職として働きながら、プライベートを重視する方に向いています。

  • アソシエイト部

    一定の業務経験/スキルや専門技術を満たしたうえで、ライフワークバランスを安定させたいと望む方が配属される部署です。

  • ITサービス部

    ヴィーナス・ブラストが開発した教育・研修パッケージを提供し、企業の成長をサポートする部署です。

  • ITアウトソーシング部

    Webクリエイター、エンジニア、オフィスサポートなど専門分野に特化した人財が所属する部署です。

  • アウトソーシング部(契約社員)

    いきなりIT技術の習得をすることに自信がない、まずは社会人生活へ徐々に体をならしていきたい、とゆっくり成長を望む人が所属する部門です。派遣先でお仕事をしながら、正社員へステップアップしていきましょう。アパレルなど、ITに限らないお客様と取引をしているので得意分野から始めてみましょう。

キャリアアップ支援制度について

ヴィーナス・ブラストは女性が社会で評価され、自分の力で稼ぐための能力を身につけられるように、総合的な教育を行っています。
VBAやビジネスマナー研修などの研修制度のほか、Schoo(スクー)のオンライン学習ができる環境を整えています。
好きなだけ、時間を見つけてスキルアップを図ってください。

講座例 内容 頻度 対象
はじめてのIT業界講座 IT業界初心者向けに、業界の仕組みや職種の役割などの解説を行います。 月に2度 IT業界での就業がはじめての方
IT業界の受注〜納品
シミュレーション
IT業界初心者向けに、システムの受注から納品までを架空の顧客にむけ、納品まで持っていくチーム制のシミュレーションゲームです。 半期に一度 正社員で入社した方
ビジネスマナー 美しいお辞儀、名刺交換、エレベーターコントロールなどビジネスパーソンの基礎を教わります。 3ヶ月に
一度
新卒向け
ExcelVBA Excelをもっと便利に、効率化するための「マクロ」や「VBA」を習得するための講座です。 随時 Excelを使った業務ができるようになった方
HTML+CSS講座 はじめてHTMLやCSSを学びたい向けに、構造や概要を知るための講座です。 随時 webデザインを行いたい方
英語メールの書き方 英語でビジネスメールを書く際の、基本の型や注意点 随時 英語でビジネスメールをやり取りする方