report01

またしても波乱の展開! ものつくりシミュレーション開催レポート〜前編〜

2017/8/10

TOP > BLOG > またしても波乱の展開! ものつくりシミュレーション開催レポート〜前編〜

こんにちは、ヴィーナス・ブラスト(Venus Blast)広報のミナコです。今回も当社の伝統研修「ものつくりシミュレーション」が7月初旬に開催されました。さて今回は、どんなドラマが起こるのでしょうか!? 

2018 年に入社を控えた内定者の皆さんもお呼びしていることもあって、初めて顔をあわせる人ばかりの環境に、皆さん大変緊張しています。まずは運命のくじ引き、その後チーム分けをして各チーム自己紹介のお時間となりました。

1
  • 役割とチームを決めるくじ引き。後々大きく運命を変えます!
1
  • デモ映像を真剣に見つめています

みんな真剣な様子ですね。これから何が起こり、どんな役割を全うしなければならないのか把握するのに頭をフル回転させている様子!
果たしてデモ映像から何かつかむことができたのでしょうか?

 

「ものつくりシミュレーション」とは?

レポートに入る前に「ものつくりシミュレーション」の概要をご説明します。

  • 顧客から仕事をどのように受注して
  • どのようなプロジェクト体制を組み
  • プロジェクトに参加している各メンバーがどのような責任をもち
  • どのようにプロジェクトを進めて、納品に至るのか

というIT業界における一連の仕事の流れを体験するために考案されたシミュレーション型の研修です。未経験の方を多く受け入れている当社。そんな未経験の新入社員の皆さんにとって、ヴィーナス・ブラストの登竜門となるのが、この「ものつくりシミュレーション」というわけです。

そしてチーム内での役割はこの4つ!

  • ひと癖どころか、百癖もある、さまざまなタイプの顧客と交渉をして、「受注責任」を負う営業
  • 時間と品質の管理をして「生産責任」を負うプロジェクトマネージャー
  • 実際に生産を行う作業担当者

が、ひとつのチームとなり納品までを進めていきます。

 

各チームをご紹介!

それでは、抽選で決まった今回のチームをご紹介します!

チームAは営業役が内定者のTさん! 顧客は情が全く通じない西野部長ということですが、内定者の人に攻略できるのでしょうか!?

1
  • チームAは左から作業者、PM、作業者、営業

チームBは2017年卒の新入社員Tさんが営業役に! 見た目に反して細やかでロジカルな荒巻マネージャーが顧客になりました。果たして彼を納得させる仕事はできるのでしょうか?

1
  • 左からPM、営業、作業者

チームCは内定者の方が2人。IT業界の経験者である男性1人がPMになったので、一見有利に見えます! 顧客は岩本社長ということで、一番の難攻不落。営業で内定者のTさんを、どうリードしていけるでしょうか?

1
  • 左からPM、営業、作業者2人

開会式ではこの研修の意味合いを社長から話していただきました。

1

どの職種の人がどんな責任を負って働いているのか? 自分から見えない範囲で、どんな仕事があるのかを知ってもらいたい── それがこの研修で学んでいただきたいことです。それでは研修スタートです!

 

受注活動スタート! 情が通じない相手に情でぶつかった結果とは!?

さて、顧客に営業活動をするための資料を作成するところから研修スタートです。過去の研修から、面白いエピソードやヒントを交え、司会進行の荒川副部長が煽っていきます。決めなくてはいけないことがたくさんあるので、何から決めていいのか混乱しているようですね。どれだけ思考停止せず、短い時間でチームビルディングができるか? 自分の意見を交えつつ、コミュニケーションを取っていくことがとても大事です。

1
  • 先輩社員からもヒントやアドバイスが。

さて、初めての顧客役をやるWebコンテンツ部の荒巻マネージャーのところに、いち早く営業が訪問してきました。しかし…お見積もりの説明ができなかったとのことですぐに帰されてしまいました…。トリッキーな見た目ではありますが、細やかなお仕事をする人。見た目に騙されてノリだけの営業活動では突き返されてしまいます。

1
  • 原価計算をされています。見積の根拠が説明できずタジタジに。

岩本社長のところには営業役となった内定者のTさんが訪問に! 今回の岩本社長は、マニュアルに沿わない提案はNGという役割です。

1

一度目の訪問後、Bチームは営業活動が完全にストップしてしまいました。岩本社長の役割の“特性”をつかむことができないようです。果たしてお役所系な顧客をクリアする攻略法を見つけることはできるのでしょうか?

西野部長のところにも営業活動が開始されました。しかし、予算の説明ができなかったことと、情に訴えるような営業活動が仇となってしまいました。情の部分をなかなか曲げることができず、西野部長との相性は最悪です笑。「この事業理念では上に稟議通せないんですよね〜苦笑」と言われてしまっています。

1

果たしていち早く受注をし、納品できるのはどのチームなのでしょうか!? 波乱の展開は後編にて。

次回更新を楽しみにお待ちくださいね!

  • facebook
  • twitter