金井さん1

『目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣』デキるビジネスパーソンへオススメ本をご紹介

2016/8/10

TOP > BLOG > 『目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣』デキるビジネスパーソンへオススメ本をご紹介

こんにちは、ヴィーナス・ブラスト(Venus Blast)の広報ミナコです。

「社員にたくさん本を読んでほしい」そんな思いを実現するために社員の持ちまわりでオススメ本を紹介するこのコーナー。今回ご紹介するのは、こちらの本です。

  • 『目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣』
  • 嶋津 良智(著)
K.Aさん1

今回はヴィーナス・ブラスト(Venus Blast)トレーニー部のK.Aさんからのご紹介です。
どういった点がオススメ! と思ったのか聞いてみました。

ミナコ:今回ご紹介いただく本は『目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣』ですね。2016年もあっという間に半分が終わって、年始に設定した目標の達成状況が気になるこの時期にぴったりのチョイス! まずは、なぜK.Aさんはこの本を手に取ったのですか?

K.A:何か良さそうな本はないかな~と書店を探しているときに、背表紙のタイトルに惹かれて手に取ったのが最初のきっかけですね。

ミナコ:確かに気になるタイトルですね~。私も毎年いろいろな目標は立てるんですけど、なかなかうまくいかないことも多くて…「達成する人」の習慣って、どんなものなのか興味があります!

K.A:そうですよね! そんな方も多いと思って、この本をオススメに選びました(笑)
あとは私自身、なにか目標を達成したいという気持ちはあるものの、目標を達成するためにはどんなことを、どのような風にすれば分からなくなってしまったので、初心に返るためにも読んでみました。

ミナコ:わわっ! 何だか他人事ではないような・・・ それでは、この本を読んでどんなことが学べましたか?

K.Aさん2

K.A:まずは、日常のいたるところに目標を達成するための“要素”が落ちているということを学びました。

ミナコ:ふむふむ…

K.A:この本では目標を達成する人とできない人を比べて、考え方や行動がどのように違うのかを紹介しているんですけど、日常のよくある場面を例に書かれているので、自分に置き換えて想像がしやすいんです。

ミナコ:日々の習慣の違いで、達成する人になれるかそうでないかに分かれちゃうんですね。

K.A:そうなんです。特に「身近にいる上司や同僚の姿を見て、良いと感じたことは学べ」「ひとつひとつコツコツと低い目標から臨んでいけ」「自分に合うような仕事の仕組みを作れ」というフレーズが印象に残ってます!

ミナコ:基本的なことではありますけど、どれも意識しないと気づかなかったり、できなかったりすることですね。

K.A:こういうことって、普段何気なく過ごしているだけではなかなか意識できないので、きちんと毎日意識をして習慣づけることで「達成する人」に近づきたいなと思っています!

ミナコ:なるほど~! 特に「低い目標からコツコツと臨め」というところ、心に刺さりました… 私、「目標は高ければ高い方がいい」なんて意気込んで、ついつい達成が難しそうな高い目標を立ててしまうことが多いんですけど、結局取り組む前にやる気をなくしちゃって挫折することが多いので…(涙)

K.A:ミナコさん、その気持ち分かりますよ… でも、低い目標もひとつひとつこなしていくことで、小さな達成感をたくさん味わうことがとても大切なんですって! 私もまずは目の前のことからチャレンジしてみようと思いました。

ミナコ:小さなことからコツコツと、ですね! それでは、最後にどんな人にこの本を読んでほしいですか?

K.A:私やミナコさんと同じく、目標は立ててみたものの、どうやっても目標達成ができなくて悩んでいる方にオススメです。あとは、1つのテーマにつきたったの4ページで完結する構成なので、読書があまり得意でない方にも読み進めやすいですし、忙しい方にもぴったりだと思います。

ミナコ:本も「小さくコツコツ」というわけですね。ありがとうございます! それでは、総評をお願いします。

201608_本レビューK.Aさん_r1_c1
201608_本レビューK.Aさん_r2_c1
201608_本レビューK.Aさん_r3_c1
201608_本レビューK.Aさん_r4_c1
201608_本レビューK.Aさん_r5_c1
それではまた次回の更新をお楽しみに!
  • facebook
  • twitter