IMG_1961

図の中のデータを更新できる!?容量圧縮もできる「カメラ」機能ってご存知ですか?【Excel女子】

2016/5/19

TOP > BLOG > 図の中のデータを更新できる!?容量圧縮もできる「カメラ」機能ってご存知ですか?【Excel女子】

こんにちは、ヴィーナス・ブラスト(Venus Blast)の広報ミナコです!

不定期で「知っていたら超便利!!」なExcelの使い方をご紹介するこの企画。
今回は第三弾です。

皆さんは「カメラ」機能をご存知ですか?

グラフやテーブルをそのまま貼り付けるとExcelファイルは重くなりがちです。
重くならないように図にしてから「圧縮」を利用する方もいると思うのですが、図にしてしまうと修正が発生したときに、元のグラフやテーブルを修正して、図にして・・・と二度手間になってしまいます。
そんなときにデータは軽いままに、手間も掛けずに更新できる機能があるのです。
そう、それが「カメラ」機能!

使えるようにするには、ちょっとした下準備が必要です。
便利さのご紹介をする前に、設定方法をば!

~「カメラ」機能の設定をしてみよう!~

  1. Excelを開き、「ファイル」をクリックします
    1
  2. 「オプション」をクリックします
    2
  3. 「クイックアクセスツールバー」をクリックし、コマンドの選択から「リボンにないコマンド」を選択します
    3
  4. 「カメラ」を選択して「追加」ボタンをクリックしたら右側の枠に「カメラ」が追加されます。その後、「OK」をクリックしてください
    4
  5. さあ、「カメラ」の準備ができました!
    5

これで準備完了です!

~「カメラ」機能を使いこなしてみよう!~

  1. 「カメラ」で写したい範囲のセルを選択します。その後、「クイックアクセスツールバー」にあるカメラをクリックします

    6

  2. 選択したセルの範囲が点滅した点線になるので、別なセルのところでクリックしてください。

    そうすると、選択したセルの範囲が図として貼り付けされます!

    7

~「カメラ」機能の何がそんなに便利なの?利用シーンを見てみよう!~

それではこの機能のすごいところ、“元データを編集したら、図にも反映される”様子をご覧ください。
例えば、赤太字にすると、図の方も赤太字に!

8

もちろんシートやファイルをまたいでも反映可能なのです。

Sheet1が元データ、Sheet2がカメラで貼り付けた図のシートという構成です。
Sheet1の「ボールペン」のセルを黄色にすると…

9

Sheet2の図の方も黄色に!

10

元データは手元に、報告用の資料には図を貼り付けてサイズ圧縮をしてしまえば、大きなサイズのExcelにならなくて喜ばれますよ〜♡

「資料作り終わったのに修正が入っちゃった!」なんてときにも元データを修正すれば一発解決です。
うーん、便利!

Excelを10年くらい使っているような人でも知っている人は少ない機能のひとつです。
職場の人に教えるだけで「できる!」どころか「神!」と言われるかも?

ぜひお試しあれ~!

  • facebook
  • twitter