IMG_0731

ジャンプ機能を使いこなせてますか?【Excel女子】

2016/3/3

TOP > BLOG > ジャンプ機能を使いこなせてますか?【Excel女子】

こんにちは、ヴィーナス・ブラストの広報ミナコです!

弊社のシステムクラーク部では、ExcelVBAはもちろんですが、その手前のExcelの使い方についても勉強会をやっております。
出社土曜の一部で「Excelの小技」というコーナーを設けており、毎度「知っていたら超便利!!」な技を習得しているのです。

今回はその企画の第二弾です。
テーマは「ジャンプ」機能!

もしかしたらCtl+Fで検索をしようとしていたところ、FではなくGを押してしまって「ジャンプ」が出てきたこと、ありませんか?
「なんじゃこの機能?」と思ったけど、そのままスルーしていた人も多いのでは。

具体的にこの機能がどんなふうに使えるのか、ご紹介いたします!

 

パターン①:エラーになっているセルをすぐに見つけたい!

 

データがずらーっと下の方まであるExcelの場合、どこかに1つだけエラーがあるけど見つけるのが大変!ってことありませんか?
そんなとき「ジャンプ」機能の出番なのです!

①Excel上でCtl+G(もしくはF5)を押すとジャンプが出てきます。
02
②左下にある「セル選択」を押します。
③選択オプションの中から「数式」を選び…03

④「エラー値」のみが選択されているようにして<OK>をクリックすると…
04

⑤ジャーン!エラーのあるセルを見つけてくれました!

05

 

 

パターン②空白になっているセルを見つけたい!

 

値が入っていないセルを見つけるのも大変だなぁって時、ありますよね。
そんな時もジャンプ機能を活用しましょう!

パターン①と手順2までは一緒。
①選択オプションの中から「空白セル」だけを選択している状態にしましょう。
07

②<OK>を押すと、空白になっているセルだけを見つけてくれます!

08

なお、指定の範囲の中で見つけたいときには、ジャンプ機能を使う前に範囲を指定しておくと便利ですよ。

ジャンプ機能は、Excelシート内に散らばっているオブジェクトだけを全選択してくれたりと重宝します。

ぜひ活用してみてくださいね♡

  • facebook
  • twitter