▲枠の隅のほうにお月様の満ち欠けの絵が。

社長の知らない「文房具の世界」パート⑤

2015/11/27

TOP > BLOG > 社長の知らない「文房具の世界」パート⑤

こんにちは、ヴィーナス・ブラストの広報ミナコです。

いよいよ「社長の知らない文房具の世界」最終回です!

今回は最終回にふさわしいテーマでお届けします。

この時期、文房具屋さんで幅を利かせている「手帳」についてです!

 

予定を書き込むだけが手帳の使い方じゃない!ライフログに使おう

S.M:社長は手帳って使います?

岩本:手帳は昔よく使っていたけど、今はもう全然だね。仕事は会社のグループウェアでスケジュール管理しているし、プライベートは携帯に登録しているからね。

P9054228

ミナコ:私もです。手帳に書いておかなきゃいけないほど予定もないし…。何より、夜中の時間帯の書き込みスペースってムダじゃないですか?

S.M:それは「手帳の使い方」がまだまだ甘いですね!

岩本:手帳の使い方?

ミナコ:予定の把握ではなく?

S.M:予定を書くことだけを目的にするのではなく、ライフログとして使うのがオススメです。

岩本:ライフログとは???

S.M:手帳に書き込んだことを週次や月次で振り返ることに使うんですよ。夜中の時間帯でも、マーカーで睡眠時間を色でつけておいたら、週次で振り返るときに「ああ、今週睡眠時間が短かったから体調悪かったんだな」とか気づくんです。

ミナコ:!!その使い方、発想がなかったです。

S.M:「手帳の使い方」で検索するといろいろ出てきますよ。勉強時間とか、時間管理をしたいならなおさらオススメです。

岩本:なるほどね!管理職の人にはデイリーのアクションプランをやってもらっているけど、その発想だったよな…。それを手帳で管理するんだね。

S.M:そのイメージです!手帳の主流は、バーティカル、ホリゾンタル、ブロックタイプがあるので、振り返りの頻度などでご自身に合ったものを是非探していただきたいですね!

 

注目のベンチャー手帳

S.M:ライフログでいうと、今女性に密かに人気なのが「ムーンプランナー」です。

ミナコ:初めて聞きました。どんな手帳なんですか?

S.M:ベンチャーの人たちが色んな手帳を出しているんですが、そのひとつなんです。月の満ち欠けが軸になって構成されている面白い手帳なんです。

岩本:月の満ち欠けがベースなんだ?変わっているねぇ。

P9054282

S.M:月の満ち欠けと体調を照らしあわせてみたりできるので、女性にオススメなんですよ。

ミナコ:満月に赤ちゃんが生まれるとか言いますもんね。これは面白いですね〜。他にベンチャーが出しているので面白いものはありますか?

S.M:「TONE REVERSAL DIALY」です。これは白地の紙だと文字が読みにくい人のために黒地の手帳なんです。白いペンなどで書き込むんですよ。

ミナコ:おおお、ユニバーサルデザインってやつですね!すてきだなぁ…。

 

自衛隊手帳、県民手帳…手帳は面白い切り口の宝庫

岩本:ベンチャー以外が出しているもので面白いものは?

S.M:社長って自衛隊手帳ってご存知ですか?

岩本:あ!聞いたことある!

▲朝雲新聞社 2016年1月始まり 2016自衛隊手帳

S.M:予定を書くようなところは普通の手帳なんですけど、後ろのほうに組織図とか階級とか、装備についてのページがあるんです(笑)

ミナコ:え、それって一般の人も買えるんですか?

S.MAmazonでも売ってますよ。

岩本&ミナコ:ええええ!

S.M:他には県民手帳とか。統計による各県の状況、生活情報などがまとめられている手帳なんです。

▲こちらは高知県の県民手帳。北海道、東京都、神奈川県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県を除く40県で発行されているとのことです。(2015/11/27現在)

▲こちらは高知県の県民手帳。北海道、東京都、神奈川県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県を除く40県で発行されているとのことです。(2015/11/27現在)

ミナコ:それも他県の人が買えるんですよね?おもしろすぎる…。

岩本:え、S.Mは全部買い漁っているわけではないんだよね?

S.M:もちろんです(笑)。吟味に吟味を重ねて、年に5冊くらいですね…。

ミナコ:(手帳を5冊…)。毎年必ず買っているものはあるんですか?

S.M:「ほぼ日手帳」は毎年買いますね。

 

「ほぼ日手帳」はカバーも選ぶ楽しみが

▲ほぼ日手帳2016 WEEKS カラーズ・ペールピンク(1月始まり) ウィークリー

▲ほぼ日手帳2016 WEEKS カラーズ・ペールピンク(1月始まり) ウィークリー

岩本:あ、僕も一回だけ買ってみたことある!けど、やっぱり途中で書かなくなっちゃったなぁ。

S.M:ぜひ、来年はライフログとして使ってみてください。何がいいって、手帳カバーの種類が豊富なんです!

ミナコ:手帳カバーって…。手帳、毎日持ち歩くんですか?

S.M:持ち歩かなくても、見てたら欲しくなりますから!Web限定とか、時期をずらしたりして発売したりとかするので毎年本当に悩むんです。

ミナコ:(ネット見ながら)あ、本当だ。カバーだけでこんなに種類あるんですね。

S.M:もちろん翌年も使えるんですよ?でも毎年かわいいのが出るし、同じデザインのものが翌年は発売されるわけではないので、ついつい毎年買ってしまうんですよね。

岩本:この時期はもう…S.Mは金欠だね(笑)

S.M:いや、もう…。この時期になると、日経ビジネスアソシエとかDIMEが手帳特集組むので、雑誌からして総ざらいするんです。ある意味大忙しです。

岩本&ミナコ:笑

 

さて、5回にも渡ってお届けしてきた「文房具の世界」はいかがでしたか?

ミナコは完全に文房具に魅了されまして、取材後にLOFTへ寄って手帳コーナーで1時間ウロウロしていました…。おそるべき文房具の沼!

2016年、久しぶりに手帳を使ってみようかな?と思ったあなたは片足突っ込みかかっていますよ。お気をつけて!

それでは次回の更新をお楽しみに♡

過去関連記事

 

  • facebook
  • twitter