9784763132505

『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』デキるビジネスパーソンへオススメ本をご紹介

2015/5/8

TOP > BLOG > 『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』デキるビジネスパーソンへオススメ本をご紹介

こんにちは、広報ミナコです!

うちの会社は昔から「本をたくさん読む」ことを推奨していまして、社訓にも「毎月1冊、本を読むこと」というのが入っているんです。

さて今回は、こちらの本をご紹介します!

9784763132505
  • 『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』
  • 岩田 松雄 (著)

ヴィーナス・ブラストでは「自分の読んだオススメ本を全体へアウトプットしましょう」という考えのもと、出社土曜日(※)で推薦図書紹介というコーナーを設けています。

推薦図書紹介
毎月、出社土曜日にて持ち回りでオススメ本を紹介するコーナー。
ここで発表された本は会社でも1冊購入し、会社の本棚へ格納される。
読み回し・貸し出しOKな仕組み。

今回は、システムクラーク部のK.Sさんからのご紹介です。

どういった点がオススメ!と思ったのか詳細を聞いてみました。

ミナコ:K.Sさんがリーダー系の本読むなんて意外でした。正直、人の前に立って、先導するタイプではないですよね?

K.S:そうですね(苦笑)。でも、実はお客様先のチームで一番の古株になってしまったんです。

ミナコ:あら、そうなんですね!

K.S:そうなんです。で、リーダーを任されてしまって…。

ミナコ:なるほど、状況が変わってしまったんですね。

K.S:はい。なので、「リーダーってそもそもなんだろう?」とか考えるようになって。

ミナコ:でも、社内ではVBA講師(※)もつとめているので「教える」という点は慣れてきているのでは?

K.S:う〜〜〜ん…。それはそれで、まだまだ試行錯誤しているんですよ(笑)。でもやっぱり“講師”と“リーダー”では求められる役割が違いますからね。

ミナコ:ああ、そうかぁ…。そういえば社長もよく「自分がなりたいリーダーになるな、部下に求められるリーダーになれ」って言ってますもんね。

K.S:そうなんですよね。でも実際自分がリーダーってなると分からないものですね。

ミナコ:この本を読む前と後で、リーダー像について印象って変わりました?

K.S:変わりましたよ。リーダーって漠然と「声を積極的にかける」とか、「人間関係の調整役」とか「何か新しいことを考えて先導してやる」みたいな印象だったんですよね、読む前は。

ミナコ:それがどう変わりました?

K.S:どんな職場でも「コミュニケーションが大切」と言われますけど、書籍内で「日々の言動、仕事ぶりそのものがコミュニケーション」という表現がとても納得できましたよ。まずは自分の仕事に対する向き合い方を見せることが第一歩なんだな、と。

ミナコ:なるほど…。親の背中見せる的な感じですかね?

K.S:そうかも知れませんね(笑)そこで共通目的作る感じですよね。

ミナコ:深い…。それでは恒例の総評をお願いします!

1.読みやすさ
20150428170119
実体験を元に書いているところから、イメージが膨らみやすかったです。

2.分量
20150428170138
考えながら読む本という印象を受けました。

3.実践しやすさ
20150428170247
相手に求める前に自分自身が見られていることを意識することができれば、小さいことから実践できると思います。

4.専門性
20150428170302
リーダーでなくても、リーダーとはどんなことを考えているのだろう?ということを知ることができると思います。

5.恒久性
20150428170315
流行に左右されることなく、支持される本だと思います。 考えは常に変わるものですし、うまくいかないと躓いた時に、違う視点で気づかせてくれる本だと思います。

どうしても状況によって、リーダーという立場にならざるを得ない時って出てくる場合もありますから、K.Sさんと同じように「リーダーって何したらいいの?」と困っている新人リーダーさんに読んでいただきたい一冊でした!

日も長くなってきたので、皆さん良い読書習慣を♡

ではまたお会いしましょう!

※VBA講師…システムクラーク部で実施しているVBA講習での講師をつとめているK.Sさん。詳細はこちらのブログから。

  • facebook
  • twitter