20141120205210

【出社土曜におジャマします】11月 システムクラーク部 編

2014/12/5

TOP > BLOG > 【出社土曜におジャマします】11月 システムクラーク部 編

みなさんこんにちは!広報ミナコです。

今月の出社土曜日ではシステムクラーク部がVBA講義をやっていたのでおジャマしました!

20141120205210
  • 講師のM.Mさんと、講義を受けているK.Mさん。K.MさんはVBAを学んだことでJavascriptの勉強もすんなり理解できたそうです。

といっても演習がほとんどだったので、インタビューをすると本当の邪魔…。

出社土曜日以外にも週に1度、講師陣が集まって出社土曜での進行や課題をどうするか打ち合わせをしていると聞きつけたので、この講義を始めた理由などをインタビューしてきました。

ミナコ:お疲れ様です!ミナコです。打ち合わせの最中すみません~!

K.S:わ!とうとう私たちのところにもきましたね!

20141120210100
  • VBA講習の立ち上げをした、講師のK.Sさん

ミナコ:きちゃいました♡さっそくですが、「VBA」ってものがどんなものか、簡単に教えてもらえないでしょうか?

K.S:ミナコさんはVBAって何かご存知ですか?

ミナコ:う~ん…。V「ヴィジュアルが」B「ビューティフルな」A「姉御集団」ですかね?

K.S:…誰があいうえお作文をしろと言ったんですか…(呆れ顔)

ミナコ:すみません、システムクラーク部はきれいな人が多いので…つい…

K.S:Microsoft社の製品に独自の機能拡張を施すためのマクロ言語として開発されたプログラミング言語のことですよ。Excelをもっと便利に使うためにプログラミングができるって考えてもらえればいいですね。

講習を始めたのは、たまたまExcelVBAを業務で使っていたから

ミナコ:K.Sさんがこの講習を立ち上げたんですよね?そもそものきっかけを教えてください!

K.S:わたし、初めて入ったお客様先が実はExcelVBAを使う業務だったのです。普通に使うExcelですらままならないので、必死で勉強しましたね(苦笑)。

ミナコ:えええ!?いきなりVBA使う業務だったんですね!それは大変でしたね…。

K.S:その頃、たまたま先輩もVBAを使っていたので、VBAのベーシックという資格を取得することを年度目標にセットしていた人が2人いた、ということがキッカケになっていますね。

ミナコ:でも、たまたま資格をとる人が2人いただけでは講習をしよう、ということにはならないですよね?講習という形をつくる大きな要因は?

K.S:お客様からのニーズを受けたからです。VBAが使えるってだけで普通の事務職よりももっと専門的なことができるので、VBAを使える事務の女性というのはすごく求められているというのを営業さんから聞いたんですよ。

ミナコ:そうだったんですか!ちなみに講習を始めたのは2年くらい前だと思うんですけど、今もそのニーズって変わってないんですか?

K.S:いまだに求められていますよ。ね?

M.M:そうですよ。ニーズは高いし、わたしも日常的に業務でプログラム組んでいますから。VBAベーシックの上に、スタンダードって資格もあるんですが。それを持っていたから、という理由で仕事が決まった社員がたくさんいます。そして重宝されてますよ。

VBAをやったから、他のプログラム言語の勉強もすんなり入るって声も

20141120213647
  • 「まだまだ講義の質をあげるための課題はいっぱい」と言いながらも笑いが絶えないインタビュー

K.S:プログラミングの導入としてVBAはよい教材だと思っています。たった5行書くだけで業務がすごく効率化するんですよ!その5行からプログラミングに対する「難しそう」って思い込みを取っ払いたいですね。

M.M:何かひとつをプログラミング言語を習得すると、他の言語の勉強もすんなり入ってきやすいんです。システムクラーク部の技術力の底上げに「貢献している感」にやりがいを感じていますね!

K.S:現に、K.MさんはVBAスタンダードを取得したあと、お客様先でJavascriptを使うからって勉強していますけど、さくさく引数の練習していましたね。自分たちの講習が役に立っているという実感がわきます。

ミナコ:そういえば、ヴィーナス・ブラストは中途入社の人も絶えず入社しますし、人財開発部から転部して上がってくる社員も五月雨式じゃないですか。そのへんの講義スケジュールってなかなか大変だと思うのですが。

M.M:そうなんですよ。そこが一番の課題なんです。来期はそこを解決するために初期コースと資格試験の対策コースの2つを用意すること、教本だけで進めるのではなく、飼料化をして途中で講習に参加した人も追いつけるようなオリジナル教材を用意することを目標にしています!

ミナコ:おおお、それは良い取り組みですね!他の部でも横展開してほしいです♡

女子が苦手な「体系立てた思考」。解決方法はカレーのレシピ!?

20141120225110

ミナコ:女の子同士の会話を聞いていても、話がびっくりするくらい飛ぶし、解決や着地がないですよね。もちろんわたしを含め(笑)。体系立てた思考を苦手にしている人、男性よりよっぽど多いと思うんです。そんな中で女子社員だけを集めてプログラミング言語を学ぶって、継続すること自体も大変だと思うんですが。

K.S:そこも課題だったんです。関数をひとつ覚えても、いざ「こういったプログラムを組んでください」と課題を渡すと一気に混乱するんです。どんな手順で書いていっていいか分からないという。

M.M:だから私たちはフローチャートを頭に叩き込んでもらえるように工夫をしたんです。「カレーの作り方」に見立てて(笑)

ミナコ:カレー!?え、「まずはニンジンを切ります」とか、そういったことですか?

K.S:そうそう。失敗すると、ルーまで入れたのにまたニンジンを切るところに戻ってループするんです(笑)

M.M:いつまでも食べるところまでありつけないんです!

ミナコ:へー!それ面白いですね!その教材、今度みせてください!

K.S&M.M:ぜひぜひ!今年の講習はさらにバージョンアップしますよ。見ててくださいね!

カレーレシピのプログラミングについてはまた今度ご紹介しますね。

以上、システムクラーク部によるVBA講習レポートでした!

  • facebook
  • twitter